インフルエンザの予防接種

今年も、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

がんに罹患する前は、自宅で母の介護を行っていたため、家族揃ってインフルエンザの予防接種を受けることが当たり前の様になっていました。
今は、主に僕の体調を維持することを目的に、家族揃ってインフルエンザの予防接種を受けています。

本当は、明日予約を入れてあったのですが、次の受診日までに服薬する薬が足りなくなってしまったため、急遽今日、処方箋をもらうために、いつも通っている病院へ行くことになりました。
今日処方箋のために通院し、明日予防接種のために再度通院するというのも非効率なため、急遽今日予防接種も行ってもらう事にしました。

今週の金曜日が、次の通院日。FOLFILE療法+ベクティビックスの3クール目予定日です。妻は、僕の治療を待っている間に予防接種を行ってもらうべく、金曜日に予約を入れてあります。

インフルエンザの予防接種は自由診療ですから、病院により摂取に係る費用が異なります。高齢者は割引がきいたり、無償による自治体もあるようです。地域や、病院によって摂取に必要な費用が異なりますので、まだ摂取を受けていない方は、事前に摂取費用を確認してから一番安価な病院を受診すると良いと思います。

がんの様な長期に渡る治療が必要な病気に罹患している人は、事前に主治医の了解が必要になります。僕も、主治医からの摂取許可と、接種時期の調整を受け、今の時期になりました。
普段から、特定の病院に係る必要性がある方の場合、接種費用の価格差によらず、普段通院している病院で接種を受ける場合が多いですね。僕もそう言う理由から、普段通っている病院で予防接種を受ける様にしています。

パンフレットによると、10月~12月に予防接種を受けることが推奨されている様です。実質的な流行時期を考慮すると、11月中旬~下旬が一番ベストな時期になる様です。
まだ、予防接種を受けていない方は、11月中旬~下旬に摂取が受けられる様に予定を組むと良い様です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする