電気毛布でぬくぬく

今年の冬は寒い

今年は暖冬気味と言う話しですが、実際問題十分に寒いです。

去年の今ころは、肝臓がん(大腸がんからの転移がん)の手術のため、埼玉医科大学国際医療センターへ入院していました。
その直前に、実母が亡くなり葬儀を終えたばかりで、退院直後に納骨が予定されていたので、バタバタとしていて、寒さを感じる余裕も無かった様な感じでした。

年を越してからも、義父, 義母が亡くなり、葬儀やら様々な手続きのため、妻のふるさとである山口市と自宅の間を行ったり来たりの生活を続け、そのまま確定申告時期(妻は、税理士事務所勤務のため、確定申告時期が1年のうちで一番の過渡期になります。)に突入してしまったため、気づいたら春になっていた。という感じでした。

副作用の影響もあるのか?

去年は、SOX療法を受けていましたが、点滴による積極的な治療を行っていなかったため、骨髄抑制の影響も最小限度で済んでいた気がしています。
今年は、FOLFIRI療法を受けているので、去年よりも骨髄抑制の影響が強い印象を持っています。

そんな影響もあるのか、今年の冬はやけに寒く感じます。

少しはやめのクリスマスプレゼント

今まで、ソフトタイプの電気アンカを使っていたのですが、断線してしまったのか使えなくなってしまいました。

電気アンカが壊れる前から、『電気毛布を使ってみたら?』と妻から言われていたのですが、なんとなく乗り気になれずにいました。そんな時、電気アンカが故障してしてしまったため、少し早めのクリスマスプレゼントとして、妻から電気毛布をプレゼントして貰いました。

はじめての電気毛布

電気毛布にも種類がある様で、届いた電気毛布は掛敷両用のタイプでした。この手の家電品は、ほぼ知識が無いためネット上をいろいろと見て回ったところ、掛式両用タイプはサイズが大きいため、掛けて使用することが多いらしいですね。

次に疑問に感じたことは、直接かけるのか、普通の毛布を挟んだほうが良いのか?と言う疑問。

埼玉医科大学国際医療センターに入院中に、40度を超える発熱をした事がありました。肝臓を切ると高熱を出すことがある。と言う事は、事前に知っていたので『来たな! 』と思いました。
その際に、電気毛布を掛けてもらったのですが、その時には毛布を一枚挟んだ上に電気毛布を入れて、その上に布団を掛けてもらったので、多分その方法が良いのだろう。と思い、毛布の上に電気毛布を入れてみました。

低温やけど対策としても、毛布を一枚挟むのがベストな様な気がします。

タイマーがあるとベスト

ここからは生理学的な話しです。人が眠りに付く時には、体温が下がります。体温が下がったタイミングで熟睡モードに入る。そんな感じです。
そのため、身体を直接暖める暖房器具はタイマーを使用して、数時間後に切れる様にすることがベストです。

残念ながら、この電気毛布にはタイマーがついていませんでした。

電源タップと、電気毛布の様な暖房器具の間に挟むタイマーも市販されていますが、場所を食うのと、タイマー自体が熱を持ちやすいと言う欠点があります。(最近の物は、改善されている可能性もありますが。)

タイマーが用意できない場合には、寝る前に十分に暖めて置いて、寝る時には最小の設定にすると良いでしょう。それでも、熱く感じたら切ってしまうのが良いと思います。

寝心地はいかに

電気毛布を使う様になってから6日ほど経ちますが、今の所快適です。電気アンカとは違い全身がぬくぬく状態になるので、寝る時には最小設定で大丈夫。
どうしても寒く感じる場合には、少しだけ暖かな設定にし、トイレに起きるタイミングなどでまた最小設定に戻しています。

全身が温められるので、以前より喉が乾きやすいかな。と言う印象もあります。寝る前に、枕元に氷水をスタンバイして置き、喉が乾いたら少量飲むようにしています。
氷を入れない普通の水も試しましたが、少量で喉の乾きを癒やすには、冷たい水の方が都合が良さそうだな。というのが、現時点での感想です。スポーツドリンクも試しましたが、口の中に甘みが残るため、氷水の方が飲みやすい印象です。

スマートウォッチを使って、実際の睡眠時間(浅い睡眠, 深い睡眠, 目が覚めている時間が記録されます。)を記録していますが、電気毛布を使う様になった一日目は、睡眠時間が短くなりましたが、二日目以降は大差ない程度または、電気毛布を使っている時の方が、深い睡眠の時間が長くなっている様です。

電気の使用量は?

パッケージには、一晩使用して 1円 と書かれていました。『本当に?』とやっぱり思いますよね。
気になったので、電力計を挟んで使って見たところ、僕の使い方で、1.7円(概算値です。)でした。1ヶ月使っても、50円チョットって事の様です。

ちなみに、ソフト電気アンカは、2円チョット/1日 でした。単純な比較はできませんが、電気毛布はコストパフォマンスが良い暖房器具の様です。

万人受けかはチョット疑問

多少の工夫は必要かも知れませんが、寒くさのために眠りが浅い人には、電気毛布はお勧めできる様な気がしています。

ただ、睡眠の状態は千差万別ですし、全ての人がスマートウォッチなとで睡眠時間を把握している訳では無いので、万人受けするのかはチョット疑問に感じています。
肌の乾燥は最小限に抑えられる様な気もしますが、喉が渇くと言う事は、全身から水分は拡散していると言う意味でもあるので・・・とも感じました。

そもそも、睡眠中に水分補給のために目を覚ます。と言う時点で、良い睡眠とは言えませんしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 希望を 別館電気毛布でぬく&#1… […]