プロフィール

僕について
いまい やすゆき
50代 中盤
SNS
Twitter
Facebook
instagram
Pinterest
ask.fm
Peing
仕事
自営業 小さな IT系会社 の経営者
家族について
兄弟なし。父は、30代の時に病死。母は、50代の時に老衰死。
両親の介護経験あり。特に、母の介護では、周囲の専門家を可能な限り巻き込んだ介護を実践。様々なテクニックを習得した。妻とふたり暮らし。子供なし。妻の両親も、火事で焼死。
趣味・興味
  • 就職してから、ゴルフをはじめました。めったにラウンドしないので、下手なまま数十年が過ぎました。妻との共通の趣味でもあります。
  • ハイキングも好きです。これは、がんに罹患してから始めた趣味です。僕が敬愛する医師から、『運動をする事。』を強く勧められはじめました。日常の煩わしさを忘れる事ができる、とても良い趣味だと思っています。これも、妻と共通の趣味です。
  • 写真を摂るのも好きです。正確には好きでした。カメラとレンズには相当お金を注ぎ込みましたが、最近はなかなか撮影に出かけられていません。
  • 就職してから、今まで歌手のファンクラブに入って居なかった時期はありません。今は、Little Glee Monster さんが大好きです。
    ガオラー です。当然、ファンクラブ に加入しています。ライブに行けないので、Blue-rayを良く観てます。海外の歌手では、Justin Randall Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)さんが好きです。男惚れする格好の良さです。Justin Randall Timberlake さんもコンサートへは行けないので、CD と Blue-ray が頼りです。TWICE(の、パク・ジヒョ(박지효) さん)も好きです。社員さんが韓国旅行のお土産で買ってきてくれた、Blue-ray を観て楽しんでいます。
がん について
直腸がん (大腸がん) Ra部 ステージⅠ
TNM分類 : T2N0M1b

T2
固有筋層 に 浸潤 あり
N0
リンパ節 に 転移 なし
M1b
多臓器への 転移 (肝臓, 骨盤)
受診の経歴
  • 2017年5月に、例年受けている、市の 検診 を受ける。
  • 2017年8月に、検診結果説明で、便に 潜血 が見つける。
  • 2017年9月に、大腸内視鏡検査 を受け、直腸がん(Ra部)が見つかる。
  • 2017年11月に、腹腔鏡 手術を受け、ステージ Ⅰと確定する。
  • 2018年5月の検査で、肝臓に腫瘍が見つかり、血液検査, 超音波検査, 胃 内視鏡 検査, 大腸 内視鏡 検査, CT 検査, PET-CT 検査など、徹底的な精密検査を行う。
  • 2018年5月、PET-CT 検査で、軟骨肉腫 の示唆を受ける。
  • 2018年6月。埼玉医科大学国際医療センター 骨軟部組織腫瘍科 を受診、軟骨肉腫 の可能性は低い事が確定する。
  • 2018年8月。埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科(肝胆膵外科) を受診、転移性 肝臓がん と確定した。(*1)
  • リンパ節転移は無い、血行性転移。非常に、稀なタイプとの事。
  • 2018年8月~11月、化学療法 を受ける。
  • 2018年12月、埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科(肝胆膵外科) にて、腹腔鏡 にて 肝臓がん 手術。
  • 2019年1月~4月、化学療法 を受ける。
  • 2019年6月、座骨に違和感を感じ、PET/CT検査を受ける。埼玉医科大学国際医療センター 骨軟部組織腫瘍科 を受診 骨転移が確認される。
  • 2019年8月、座骨手術予定。
*1 がん の種類について

がん の治療では、がん 種を特定する事がとても大切です。がん 種により、また 原発性, 転移性 の違いによっても治療方針が変わるのが一般的です。

僕の場合、転移性 肝臓がん(大腸がん 由来)と言う確定診断が付くまで、半年の時間がかかってしまいました。PET-CT 検査で、軟骨 肉腫 の可能性を示されてしまったため、原発性 肝臓がん, 転移性 肝臓がん(大腸がん 由来), 転移性 肝臓がん(骨肉腫 由来), 他に 原発巣 がある可能性の全てを調べる必要がありました。
最終的に、埼玉医科大学国際医療センター(肝胆膵外科)にて、MRI, CT 検査により、大腸がん 由来の 肝臓がん と言う確定診断が付き、手術前 化学療法(確定診断 までに、6ヶ月かかってしまったため、手術療法 を受けるには 腫瘍 のサイズが大きく成りすぎていました。そのため、分子標的薬 を中心とした、手術不可能型の 化学療法 治療を受けました。), 肝臓 の 手術療法(腹腔鏡)、 術後 化学療法 治療にたどり着きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする